選びたいドッグフード

犬にも好き嫌いがあることを考えよう

私は、一匹の犬を飼っていますが、長く一緒に過ごしていると犬について、だんだんと犬の気持ちがわかるようになってきています。当然といえば当然ですが、ワンちゃんの性格や癖というのが当然ありますし、嫌いなもの好きなものもあります。

犬にも好き嫌いがある

犬にとっては、人間よりも食事の時間が楽しみなケースが多く、私の犬も食事が大好きです。(もっとも食事が楽しみではないワンちゃんもいないかと思いますが)

 

食事の時間になると、本当に嬉しいという表情と、尻尾をちぎれんばかりに振ってくれるので、飼い主の私としても、とても嬉しくなっています。その餌について、犬が好きなものもわかってくるものだから面白いものです。

 

あまり餌を変えることは良くないというのですが、犬が好きな餌を買ってあげたいという気持ちから、おやつとして(主食でおやつをあげるのはよくありません)いろいろ間食として、いろいろなものをあげましたが、本当に大喜びをする犬の姿をみることができました。飴と鞭ではないですが、ワンちゃんのストレスをためないように上手く息抜きをさせてあげるといいと思います。

 

ただし、あげすぎと主食とおやつの割合はしっかりと考えましょう。

 

ドックフードのアレルギー

犬にもアレルギーを持っている子もいます。むやみたらに雑食だと思ってなんでもあげるのはやめましょう。アレルギーのあるものをうっかり食べてしまうと、アナフィラキシーショックを起こしてしまって最悪死んでしまうケースもゼロではありません。

 

犬のアレルギーといえども注意する必要があるのでくれぐれもドックフードはしっかりしたものをあげましょう。犬は、本当に好きとおもうものは、実に嬉しいと表現をしてくれるので、わかりやすいです。
無理をして食べることもなく、嫌と思ったら、残しているので、やっぱり美味しいものを食べさせてあげたいと思っているところです。