選びたいドッグフード

ドックフードは一日きちんと決めた量をあげよう

犬は、お皿にあればあるぶんだけ食べてしまう子が多いので、一日の分量をきちんと決めておくことはとても大切です。食べ過ぎは犬の肥満のもとですし、健康被害の原因にもなってしまうので注意が必要です。

 

犬の食事の危険

犬の胃袋は、大量のドッグフードを入れると逆さまになってしまう可能性が高まります。その結果として最悪の事態が発生してしまうことが無きにしもあらずですから、犬の食事回数には注意深くなることが必要です。ドッグトレーナーのような専門知識がないのであれば、ドッグフードを犬に与えるのは一日に一回と決めておくと間違いがありません。

 

胃が満たされていない方が、犬の健康にとっては良いと言えます。胃が逆さまになってしまうこと以外にも、満腹状態が続くと消化不良を起こして内臓系の疾患で犬を苦しませることになってしまうからです。ドッグフードの適度な量については、ペットショップの担当者や獣医が熟知しています。彼らから正しい情報を得た上で、一日一食を心がけると犬は健康的な毎日を過ごすことができるようになるというわけです。

 

ストレス発散の食事と散歩

大食漢の犬は、食事回数が少ないと不満を露わにすることがあります。そんなときは、散歩に連れ出したりして気分転換を図ることが効果的です。体を動かしているうちに、犬は自らが空腹状態であることを忘れやすくなります。この方法を繰り返し実践していれば、大食漢の犬でも毎日の食事回数が不満であるとは思わなくなってくるのです。