選びたいドッグフード

犬のストレスと食事

みなさんは自宅の飼い犬が、ストレスがたまっているかどうか、確認したことがあるでしょうか?ワンちゃんの性格や環境も関係がありますが、ストレスは人間同様万病のもとになってしまう可能性があります。

 

ワンちゃんのストレスは様々

以前、自分の飼い犬は、犬小屋を、日なたから日陰に移しただけで、吠えていました。自分は驚いて、すぐに犬小屋を元の位置に戻してあげましたが、その時に犬もストレスを感じる事があるのだと思いました。また、特に犬は嗅覚が敏感なので、嫌いな臭いや周辺環境というのもストレスの原因になりえるので注意しなくてはなりません。

 

犬は人間のように自分の感情を言葉で表すことはできません。できないからこそ、無駄に吠えたり機嫌が悪かったりといった少しの変化を飼い主は見極めてあげないといけません。ストレスはほっておくといろいろな病気のものとになってしまいますので、注意してあげましょう。

 

犬の嗅覚と感じる力と吠え

犬は、嫌いな人間の臭いをかぎ分けているのは有名な話です。自宅の飼い犬は、門扉を開いた瞬間に、嫌いな人間が来ると吠えます。この人間識別能力は優れたもので、我々がまだ他人が来た事にも気づかないうちに、吠え始めます。自分の友人など、犬がなついているお客さんには、全く吠えません。

 

犬種にもよりますが、ストレスのある状態では、犬は吠えるというのが習慣のようです。ただし、大型犬に関しては、あまり大きい声で吠えない犬種があります。そういった犬種の場合はしっぽや素振り等をみて少しでも感情を推し量ってあげましょう。また、大型犬に関しては、特に、鼻の頭と、手の肉球などが乾いてカサカサになっている時などは、ストレスを感じている、または体調が悪い、のどちらかの場合が多いです。